お着替えしたPENさんにBiogon28mmをつけるべく、アダプターを購入しました!!!


前回のお着替えサービスで黒くなって帰って来た私のE-P2。
いままで私がE-P2を積極的に使って来なかった理由の一つに、レンズがちょっとな、というのが実はあります。
購入したころはパンケーキかこのズームレンズのキットくらいしかマイクロフォーサーズレンズの選択肢がなく、取り急ぎ標準のズームレンズを購入したのですが……なんか、暗い。自分の腕が悪いんだけど、なんか写りも納得いかない。
私が数年前にカメラに初めて触った頃の「(´・ω・`)」感にちょっと似てる。これは、レンズを明るいのに変えたらひょっとして全然違う写真が撮れるんじゃないかな?……と思っていたのですが、使ってないカメラにそこまでお金を出すのも、と気が引けて見送り続けていたのです。
で、せっかく着替えたE-P2のためにレンズを新調してあげたい!と思いつつ今そんなお金はない!……と逡巡する私の頭にめぐる一つの情報。
マイクロフォーサーズの魅力の一つは「アダプターを付ければいろいろなレンズがつけられる!」ということ。フィルム時代のオールドレンズを安く買って、マイクロフォーサーズにつけるという遊びが流行してるらしいじゃないですか(ΦωΦ)フフフ…

で、我が家にあるレンズで明るいレンズというと……(SUMMILUXはE-3につけっぱなし状態なのでもちろん除いてw)お友達からもらったCONTAXのBiogon28mm/2.8のGレンズか、Ai Nikkor 50mm f/1.2Sだなぁと思っておりまして。本当はビオゴンを使いたいんだけど、実は1回アダプタを間違って買いましてね(∀`*ゞ)テヘッ ちょっと躊躇してたんですが、G+で写真が上手な人が「自分ならビオゴン」と言ってくださったので、エイヤ!と買ってみました!


というわけで、じゃじゃーんと届きました、アダプタ。
問い合わせた時「とりつけに少々コツがいる」と聞いていたので、A4の3枚に渡る説明書が付いているのを見て、ちょっぴり気を引き締めております。


なんか……私何でこんな撮り方したんだかわからないけど、これがアダプタ本体です。
取り付け方は、付属の紙に写真つきでとても詳しく書いてあったので、たどたどしいながらも1回でうまく行きました。
そして、お嫁にやってきたはいいがず~っと眠り続けていたビオゴン28mmが、私の日焼けしたE-P2に取りつけられた姿が、これだ!!


じゃじゃーん。
OLYMPUS×CONTAXのコラボ。


横から。シャンパンゴールドのレンズと、上下に残ったシルバーの部分が想像以上にマッチ。イイ感じいい感じ!!


反対側。猫も見にきましたw


正直な話、デジタルっ子の私は完全マニュアルでの撮影は初めてなのでおたおたしましたが、E-P2の液晶で拡大してピントを正確に合わせられるので、割とキレイに撮れてステキ(´∀`*)ウフ

作例としてはアレですが、これがビオゴン28mm+E-P2のアートフィルター「トイカメラ」で撮った神社のおっちゃんです。違った、神社で見かけたたぶん神様の石像かな’`,、(‘∀`) ‘`,、
そんなわけで、いまは標準レンズを外してビオゴンつけっぱなしになってます。もうしばらく使いこんで、あれこれいじったら楽しく使えそうだな~と思っております!
ちなみに、COYOのこのアダプタ、もう製造中止だそうです。新しく作っているアダプタはビオゴン28mmはとりつけられないそうなので、無改造でビオゴン28mmを取りつけられるのはいまのところこれだけ。(E-P3には使えないそうです。だから実質E-P1とE-P2を持っている人だけの特権!!)
私はカメラの極楽堂さんで購入しましたが、疑問があれば丁寧に教えてくださるので、私みたいなアダプタ初心者でも安心して買えましたよ~♪