あなたのカメラをワイヤレスに、のEye-Fiを購入しました!!


Eye-Fiというと、デジタルカメラに入れておけばWiFi経由で画像を勝手にパソコンやオンラインサービスなんかに転送してくれる便利なSDカード。
このタイミングで購入したのは、もちろん「ダイレクトモード」が目当てでございます。

ちなみにダイレクトモードというのは、WiFiが飛んでいない場所でも、ペアリングしたスマートフォンに画像を転送してくれるというステキな機能。スマホのカメラもずいぶん画質は良くなってますけど、やっぱりいろいろ歯がゆい部分はあるわけです。でもスマホのアプリの機能はステキなのよ、ジャック。
というわけで、常々「出先でカメラ(持ち歩いてるPENとか)で撮ったのをスマホで修正してアップできればな~」と思っていたワタクシに、ダイレクトモードの発表は、そりゃもうダイレクトに心に届きました。いえ、指に届きました。ぽちっと。

ちなみにEye-Fi Pro X2を選んだのは、RAWに対応してるのがこのモデルだからというだけ。AndroidにRAW現像してくれるソフトがない以上宝の持ち腐れ感が強いですが、PCに転送するモードだったら便利じゃん!

届いたEye-Fiは、所詮SDカードなのですっかすかの箱に入って届きました。初期設定はPCにつないでやらねばならないというので、さっそくPCに接続。


ソフトのインストール中になんか失敗したっぽくてEye-Fi centerというのがインストールできなくて困りましたが、サイトから直接落としてきてインストール完了。
起動して、ネットワークの設定とか、どこのサービスにアップするとか、アップロード完了の通知とか、ワクワクしながらいろいろ設定して保存します。

この時点ではまだダイレクトモード的なものは全然出てきません。
そちらはどうもスマホのアプリのほうでやるようなので、Galaxy TabにEye-Fiのアプリを落としてきてこちらも設定。なんか設定が分かりにくいけど、あれこれヘルプを見ながら設定完了でございます。

で、カメラにEye-Fiをセットして、どうでもいい猫の写真をポチポチ撮って、ワクワクして待っていると……。


キタキタ、来たよ!Tabの画面が点いて、Eye-Fiのマークがステータスバーでピコピコ動いて受信してる!
しばらく待ってから見てみると、ちゃんとEye-Fiというフォルダに画像が入っております!


通知もいっぱい出てます。
ちなみに「受信完了」はカメラから画像を受信しましたよということ。その後、設定次第でオンラインサービス(PicasaとかFlickrとか動画ならYouTubeとか)に勝手に転送することができるので、バックアップも同時にできる仕組み。

ここで注意しなきゃならないのは、いまのところスマホの受信先が本体のEye-Fiのフォルダになっちゃってること。画素数のデカイ写真をガンガン転送してるとキツイです。カメラで「保護」をかけたものだけ転送するという設定にして、なおかつ時々SDカードに写真を移す癖をつけといた方がいいと思います^ ^

—–
最後に、最初の頃、何回か「あれ?」と思ったことがあったので一応書いておきます。

外出先でカメラでパシャパシャした後ゆっくり画像を選んで「保護」を押しても、全然転送されないってことが何度かあったんです。
調べてみましたら、ダイレクトモードは「近くにWiFi環境がまったくない!」状態じゃないとうまく働かない&カメラを起動して○分以内(設定で変更可能)にスマホでキャッチしとかないと転送されないということらしいです。
私はパワーを使うゲームをやる時にTabの全てのサービスを切ったりしてた(笑)ので、その時にEye-Fiを切っちゃったのか、認識されないことが何度かありました。
カメラを起動したときにとりあえずTabのEye-Fiアプリを一旦起動させてからバッグにしまうようにしたら、その後は転送がうまく行ってます。
転送がうまくいくようになると、本当に爽快!
正直言ってあまり使っていなかったPENが、急に大活躍しております!

—–
ついでに、アダプターを使ってE-3のRAW画像も転送してみる試みですが、できることはできると思うんですが……えっと……1回シャッター切るとですね、カードにアクセスするときの赤い光がすごい勢いでなおかつ長い間チカチカしておりまして、要するに書き込みにめっさ時間がかかっているようです。
……ま、実用的じゃなかったっすw