インスタントコーヒーを使ってニセ本格コーヒーを作る(笑)ネスカフェバリスタを買ったぞ~!


実は発売の報と同時に目をつけていた当機。
これは何かと聞かれたら、コーヒー豆じゃなくてインスタントコーヒーを使って、ドリップコーヒーやカフェラテ、エスプレッソ、カプチーノ「っぽいもの」を作るという目からウロコのコーヒーサーバーでございます。

以前はちゃんとしたコーヒーメーカーを使っていたのですが、正直、それだと旦那が自分でコーヒーを入れられないため入れてと言われるか、缶コーヒーを買ってきてゴミを増やすかどちらかなんで、ここのところずっとインスタントコーヒーだったんです。(それでも自分ではなかなか入れない)

エスプレッソマシンの購入も検討したんだけど、何しろ夏場全然使わない間にカビさせてダメにするということを3度も繰り返した我が家。
とてもとてもお手入れの大変なエスプレッソマシンなんぞ使いこなせるわけもなく。しかも旦那が自分で入れないのも見え見え……。

そんな中知った「インスタントコーヒーを使ってそれっぽいものを作ってくれるマッシーン」。
いちいちお湯を沸かしたり、高いウォーターサーバーの水を使ったりしなくても、ボタンを押すだけで1杯分のコーヒーを作ってくれるなんてサイコー!!

とようよう涼しくなりたるこの頃、ようやく旦那を説得して購入~♪

早速「初めて使う時」の手順に従って、水を入れて初回の清掃後、インスタントコーヒーをセット。説明書通りボタンをポン。

……意外に動作音がでかい。( ゚∀゚)アハハ
これは機械内部で水を沸騰させてる音ととるべきなのか分からないが、その辺を歩いていた猫が超警戒態勢で目を丸くして振り返るぐらい音がでかいッス。

カプチーノとカフェラテのフォームミルクはどうやるのかと思ったら、カップに牛乳を入れて置くと、そこに向けて熱湯を全力投入!!特にカプチーノは泡だてるためにブッシュブッシュ熱湯をぶちかけるのでかなりの音がします。
動画撮ったので置きますが、かなりの音がしますので音は絞ってくださいね。


製造過程を見てるとナンですが、出来上がりは一応それっぽいデス。(写真:マグカップにカプチーノを作成したもの)
正直、インスタントコーヒーと牛乳で、1万円程度の機械のボタンを1つ押すだけでこれだけカプチーノ「っぽいもの」を飲めるんだったら十分じゃないかと思う。

ちょっと難を言うとしたら、濃さの調節ができるようになってるんだけど、その設定がすごく難しい。インスタントの特性として「湯量を変えることで濃さを調節できる」んだけど、その調節は、実際に抽出されてきた量を自分で「ここまで!」と指定して調節するのね、だけどね、「ここまで!」ってボタンを押してから30ccぐらい出てくるんだよ~(;´∀`)
つまりボタンを押すと「機械内部で給水を止める」のでその水量で設定される、だけど設定する人が見ているのは機械の外部に出てる水量であって、止めたつもりなのにしばらくお湯が出てくると。……それで調整しろってのは難しいよ~。「濃い目」「薄い目」だけでもいいし、ディップスイッチみたいなもんでもいいから、ぽちっと1発で設定されるようにしてほしかった。

そんでも、決められた濃さのコーヒーを決められた量でスイッチ一つで作ってくれる。インスタントだからマメガラの処理も不要。まだやってないけど、多分氷を入れたコップに向けてカプチーノを作ればアイスコーヒーもできるんじゃないかな。
というわけで、我が家みたいなインチキでもいい、手軽が一番!のご家庭にはスッゲーおススメです!!