カメラにはとんと無関心かと思っていた旦那が、何故か急に欲しがってリコーのGR Digital IIを買った模様です。

イチデジのデカさや構えた時の「写真撮ってます!」感がキライだと、うるさ型のダンナ。
どこかのサイトでこのカメラで撮った写真を見て気に入った&デザインが媚びてなくていい、だそうです。


まあ、確かにピンキーローズとかメタリックうんちゃらみたいな浮かれたデジカメ感はありませんな。
イチデジをぎゅーって小さくしたカンジに見えなくもない。


ネコと比較してみると、こんな大きさ。
当たり前だけどコンパクトです。
んで、ダンナが寝ている隙を狙って実写してみました。


ちょっと逆光になっちゃったので明るさは補正しましたが、JPEG画像はこんなカンジ。(画像クリックで無補正・非リサイズ画像表示)
拡大すると毛の解像感はあまりよくなくて束々だったりしたので、RAWで撮った方がよさそうかも。
ワタシのカメラじゃないんで(笑)あんまりいじり倒せないのがザンネンなくらいでした。
コンデジのクセに絞り優先とかシャッタースピード優先とかあるしさ、単焦点のクセに動画撮れるし(笑)。
ただ、ボタンを押した時や動作した時に、ボディ内のスカスカ感といいますか…なんか、「箱っ!」てカンジの空洞音がする気がして、外見はカッコイイのに勿体無いなぁ、と思ったんですが。
まあ、ポッケに入れて持ち歩くことを考えると、軽いことはむしろアドバンテージなので、これはこれでいいのかも。うん、そんな気がしてきた。

Share on Facebook