MacBook Proを買いました~~~!ダンナが!

旦那様がどうしてもMacのノートが欲しいというので、MacBook Proを買いました。
折りしもワタクシは写真の現像処理のために、画面がでかくて高スペックのPCが欲しいと思っていたので、希望は正反対だったんですが、まあ、ダンナも頑張って働いてくれてるので、今回は順番を譲ることに。


AppleStoreで購入ポチ後、10日ほど経ったある日、いきなり「出荷のお知らせ」が届いて、翌日にはいきなり宅配BOXにインされていたMacBookProの配送箱をチェックするニャンズ。


ジャーン。ダンボールの中に、更に箱!


ジャジャーン!個人的には一番気に入った、箱の中の緩衝材。
画像だと見えにくいですが、下の方の丸い穴がない部分に「Mac Book Pro」のロゴが入ってます。こんなところにそんなロゴ…というこだわりは、さすがApple。


ようやく本体に到達。軽くてヒンヤリ~。


AppleStoreで買わなければならなかった理由が、このダンナこだわりのUSキーボード。
「USキーボードのほうがWIndowsの配列に近い」(BootCampでWindowsと併用だから)というのがダンナの言い訳でしたが、ワタシは知っている。彼は昔からずっとキーボードにひらがなが書いてないキーボードに憧れていたことを!



説明書は、iPodと同様、こんなオシャレ小箱に入ってます(CDサイズくらいかな?)。
取扱説明書嫌いには「あら、オシャレ」と思われて心理的障壁が低くなるのでしょうけれど、ワタシのような取扱説明書好きにはヒジョーに物足りない量ですね。プンプン。


ハイ、起動しま~す!
久々に聞きました、Macの起動音。プライベートではもうかれこれ7年間もPCオンリー…そうか、ワタシのパソコン歴10年の中で、Macが占める割合はもう半分以下になっていたのだなぁ、しみじみ。
それだけ年月が経てば、リンゴも1色になるさね。


ヒンヤリ感がたまらないので、夏場はMac上に居座ろうとする猫からいかにして守るかが課題となりそうです。すでに興味津々。閉じると座布団ぽいし、乗りたくて仕方ない模様。
肝心の使用感ですが、なにしろダンナ用に買ったので、まだ触らせてもらってません。
とりあえずヒンヤリ感が高級ぽくてカッチョイイと、それがワタクシの感想であります。
使用レポートはまた後日!(ダンナがちょっぴり飽きて、触らせてくれるようになった頃!)

Share on Facebook