ワタクシ、実家の元自分の部屋に、まだ少々荷物を残しております。最近、義姉がじわじわと「あの中のものは必要なの?」とか「捨てていいの?」とか聞いてきます。うーむ。
とはいうものの、今は賃貸ゆえに場所もないんで置かせてもらっている、という名目になっておりますので、引越し後は荷物は全部引き取ることになります。まあ、引き取る荷物があまり多いのもイヤなので、先日処分したわけですよ。それなりに。
荷物があるのが部屋の奥のウォークインクローゼットで、そこからいったん部屋に荷物を出し、そこから外に捨てに行ったのですね。まあ、そうしたところ、当然ながらホコリとかゴミとか出ちゃったデスヨ。
ワタシは「片付け」は嫌いではないのですが、「掃除」が大嫌いであります。「掃除機を出してくる」「掃除機を片付ける」という、掃除の本質とはあまり関係ない、アノ部分が面倒なんですよ。ホントに。衛生観念自体が低いっちゅーのもあるかもしれないッスけどね。
それはともかく、現在、部屋自体は兄夫婦が使っているわけで、そのままにしておくわけにはいかないです。でも、掃除機を出して2階まで運んでくるのも面倒だなぁ…と思っていたそのとき。
そうだ、確かアレがあるはずだ!
と思って取りに行きましたのが、充電式スティック型クリーナー。充電台からさっと持ち上げて2階に持っていき、ふい~んと目立つゴミを吸い取ったらそのまま持ち帰って充電台にポン。
いや~、これは便利だわ。
というわけで、我が家にもほしくなった次第であります。


とはいえ、ワタクシ、スティック型クリーナーの、あの「ボテッ」とした部分が大嫌いなんデスヨ。なんというか、アレって「ハンディクリーナーに柄をくっつけたよ!」って主張してるみたいじゃないですか。それじゃ村の発明じーちゃんの自慢の一品だよ、と思わずにはいられないのです。
故に、できる限りスタイルの変わったものを…と思っていたのですが、コレがなかなか難航しております。

スタイルが「ハンディクリーナー+柄」を抜け出しているものというと、National(ナショナル)コードレススティックククリーナーMC-BB1か、ZOJIRUSHIのどこでもぞうさんなんですよ。


正直言うと、どこでもぞうさんの方がデザインは好きなんですが、残念ながら「充電台」方式ではないのです。台に乗せた後、自分で充電コードを本体に差し込むらしいのです。
その「たった一手間」なんだけど、そもそも機能を犠牲にして(吸い込み仕事率なんかは、フツーの掃除機の屁みたいなもんですものね)手間を削ろうという商品に、一手間かけてどーしますか、って思うじゃないですか。
となると、MC-BB1なんですけどね…。
口コミでの評判が悪いんですよね~。
もともと、フツーの掃除機とクイックルワイパーとの併用になるので、「クイックルワイパーでは取りにくい砂ボコリ系のゴミが簡単に取れればヨシッ!」程度に思っているんで、それほどの性能は期待してないんですが。
ただ、ニンゲンは欲のイキモノです。「どこかで妥協するなら、何かが凄く気に入ってる方がいいのでは…」と思ってしまうのですよね。つまり、“せめて佇まいだけでもぞうさんがいいのでは”と。
多分、リビングの隅っこまたは廊下の隅っこに置いておくことになるスティック型掃除機。さて、デザインを取るか、それともコードを抜き差しする手間まで軽減することを取るか…。嗚呼、決められない…。