窯焼ポテト

突然ですが、ワタクシ、スイートポテトが好きであります。ワタクシの三大好きな食べ物を上げるとしたら、おにぎり、チャーハン、スイートポテトというくらいに好きです。(但し、第3位は事情により時々入れ替わりますが。)
ただし、スイートポテトはあまり食べる機会がないのです。おにぎりやチャーハンと違って、ケーキ屋さんという特殊な場所に行かないと滅多に目に入らないじゃないですか。なので、普段「自分がスイートポテト好きである」ということを忘れているのでゴザイマス。
ところが先日、スーパーのパンコーナーで、いきなりそれをワタクシに思い出させるものがあったのでございます。
ババーン『数量限定20個 525円の窯焼ポテト』なり~。
デカッ!両手を並べて持っても端っこが手からはみ出るくらいの大きさです。しかも包装がイカしてます。
数量限定20個なのに、ワタシが見た時点で15個くらい売れ残っているのがビミョーなカンジではありましたが、見た瞬間自分のスイートポテト好きを思い出したので、だんなの目を盗んで買ってみました!!


窯焼ポテト

手に取った瞬間、ちょっとしたフィットネス用具のような重みが手にずしりと伝わってまいります。ほ、ほほう。この重さ全部がスウィ~トなサツマイ~モであるわけですね。
新聞紙風の包装紙を解いてみると…!
うわーい、デカーイ!
なんというか、まさしく「イモ!」であります。
サツマイモの皮の上に、これでもかとてんこ盛りになったスイートポテト。未だかつてこんなに「サツマイモ!」を主張したスイートポテトを見たことがアリマセン。
わくわくしながら実食!
…いや~ん、あまうま~い。
紛れもないスイートポテトなんですが、皮がついてるせいでしょうか、ものすご~く甘くよく焼けた石焼イモを食べているような充実感を感じます。
2,3口食べ進めると、おやおや、実と皮の間にクリームが出現です。クリームのおかげで、真中辺りは「ちょっとケーキ風?」な雰囲気も味わえます。いや~、ウマイ。
ニタニタしながら食べ進めましたが…。
いや、さすがに多いです。
サツマイモ1本分を越えてるんじゃないでしょうか。つぶして圧縮してあるせいか、半分食べたくらいでギブアップです。とりあえず、袋に戻して新聞紙にくるんで、翌日残りをいただきました。
いや~、スゲー充実感です。
今調べてみたところ、製造元で通販もしている模様。これで、スーパーが定番商品として扱ってくれなくても大丈夫です!!わーい!(でも、通販5本セットからだった…。5本も1人じゃ食えねーよ、さすがに。)