我が家の掃除機は、息子が生まれる直前に「我が家の衛生事情はよろしくないのでは」と旦那と相談の上、購入した物です。当時はちょうど「紙パック全盛への疑問符」が掲げられ始めた頃で、購入したのは多分紙パック脱却の尖兵となった掃除機だと思う。ていうか、なんで文章硬いんだろう、オレ様。
それはともかく、「まだサイクロンというには渦巻きが弱く、紙パックは不要だけどその分ちゃんと1回ずつゴミを捨ててくださいね」というカンジの、尖兵だっただけにいろんなところが発展途上の掃除機なのである。
よって、引越し後ニャンコを飼うに当たっては、その吸引力であるとか、片付けの面倒さであるとか(片付けるのが面倒くさい=出すのが面倒くさい=できるだけ出さない、になってしまう)いろいろと不安な点が無きにしもあらずなのでありますよ。


そんなことを考えていた折も折、お友達がダイソンの掃除機を買ったというではアリマセンか。なぬー!ダイソンといえば、最近CMでもアレコレ頑張っている舶来の品じゃないッスカ!コラーッ!羨ましいぞ!



舶来の掃除機といえば、前述の我が家の現掃除機を買うに当たって、迷っていたのがヘンリーくんであった。
当時のデザイン家電を集めた本に掲載されていて、そのキュートさに我が家はメロメロになって、本気で購入を考えていたのであります。しかしながら当時はまだ日本でヘンリーくんを扱っているところもほとんどなく、しかも価格も10万円近くしたような。スッゲーキュートだが、キュートだがしかしッ!みたいな葛藤の末、現在の一般家電掃除機が選ばれたのだったと思う。 久しぶりにヘンリーくんを見つけてみれば、掃除機置き場となるハウスはあるわ、お友達のジェームズくんはいるわ、フィギュアはあるわ、もうすっかり有名人だね、なんてそっと涙をぬぐうワタシ。しかも安くなってるし(ここで号泣)。

 そんなこんなで掃除機熱が高まっていたところに、件の友人から「もうひとつ気になっている掃除機があるのだが」と教えてもらったのが、METAPHYSサイクロンクリーナーUZUであります。
うむう。こ、これはスタイリッシュ!
さすが「収納しないで部屋に置いとく」ことをコンセプトにしているだけあります。単体でちゃんと自立し、しかもコードレス(といっても充電台式じゃなくてコード式なので、どこかの時点でコードはささねばならないのだが。これはちょっと残念)。7月25日発売の新製品らしいので、まだ商品の感想はどこにも届いてないけど、気になるのはちょっと運転時間が短いことかな?(通常40分、ハイパワーモードだと12分。まあ、汚れを溜めるなってことか)

■METAPHYS
■サイクロンクリーナーUZU
■価格 39,900円(税込み)
■方式 充電式サイクロン方式
■本体サイズ 収納時:W217×H600×D340
■重量 4.5kg
■運転音 標準モード:63db以下、ハイパワーモード:69db以下
■集塵容量 0.55L

Share on Facebook