現在の賃貸マンションに引っ越してくるとき、エアコン取り付けのオジサンに「1万円でお掃除できますよ」と言われたんですが、その1万円ポッキリが財布になく、そのまま取り付けてもらいました。気のせいか、最近エアコンからかすかにカビの香りがするような…。
薬局で売ってるエアコンのカビとりで掃除しようかな~と悩んでいたら、テレビでどこかのオジサンが「エアコンは古い型を掃除して使うより、新しいものを買ったほうが省エネになりますよ」とか言ってたのですよ。もともと部屋がLDK(&和室)+2部屋あるのにエアコンは1台しかないんで、いつかは必要になるだろうなと思いつつ、エアコンチェック。
候補に上がったのは、自分で勝手にお掃除もしてくれて、更に除菌イオンを振りまいてくれるシャープのコイツと、とりあえずシンプルデカッチョイイダイキンのUXシリーズなんですね。


シャープの除菌イオンは、高いだけあってさすがに機能満載。エアコンのカビは「冷房の後結露して発生する」とテレビのオジサンも言ってたけど(テレビのオジサンをなぜここまで信用するか、ワタシ)、除菌イオンは運転終了時に部屋の中に除菌イオンを放つと同時に、自分にも除湿乾燥運転を行ってカビ発生を防ぐのであります。しかもフィルターも同時にお掃除。
あ、しかも「寒くならない再熱除湿」機能が、ワタクシ的にチョーツボです。エアコンの除湿機能は、「まだ湿気取りたいのにもう寒くてダメ~」ってことがあるワタクシとしては、これがあれば除湿機いらずか!?
一方のダイキンUXシリーズは、これにくらべればホント、機能控えめです。個人的に身体に直接風を当てない「風ないス運転」はホントに風が当たらなければナイスだと思うけど、ネーミングはナイスじゃない気がするけど。それはともかく、機能控えめといってもそれは除菌イオンに比べればの話で、金額と機能とスタイルを考え合わせれば決して損ではないと思われます。
小市民としては、ダイキンUXシリーズといきたいところですが…。
ところがワタクシ、エアコンのお掃除のように「時々やったほうがいいと思うけど、やらなくてもとりあえず目に見えて何かあるわけじゃないよ」っていうカンジのことは、100%やらないのです。結局何年かして、現在のように1万円かけて掃除しなくてはならない事態に陥るわけで…。
ここは、ヒトツ、来年型落ちになったときの除菌イオンシリーズを狙ってみるのがいいかもしれないと思うのでした。

■エアコンのコマツ
■シャープ 【除菌イオン】 AY-T22SV
■価格 エアマツ特価 167,000円 (税込)
□DCツインロータリーコンプレッサー □インバーター □温風カーペット気流 □すこやかシャワー気流 □風向き風量調整 □2分割気流 □ロング気流 □スポット気流 □速効運転 □省エネお勧め運転 □ファジィおまかせ自動運転 □左右ワイド気流(自動手動) □フルパワー運転 □除菌イオン □除菌シャワー運転 □みはり浄化 □臭い(ガス)センサー □空気の入れ替え(排気方式) □センサー自動換気 □再熱除湿 □Wカビアタック □衣類乾燥 □結露防止 □フィルター自動クリーナー □ニオイカット □極細繊維プレフィルター □内部清浄運転 □丸洗いパネル □室内/室外温度表示モニター □簡単切タイマー □24時間プログラムタイマー □長尺配管