まだゴミ箱を探しております。今度はキッチンに置くゴミ箱でございます。
現在、我が家のキッチンでは、スーパーの袋を内側に引っ掛けて3分別できるはずの袋吊り下げ型のごみ箱に、45リットルのゴミ袋をどかんと引っ掛けて燃えるゴミを入れ、ペール式の2分別のゴミ箱にビンとカンを入れております。ゴミ箱が2個あるわけですね。
ところが引越し先ではさらに、プラスチックゴミとそのほかの燃えるゴミを分けなくてはなりません。こいつはイタイ。ゴミ箱王国になってしまいます。よって、キッチンにもニューゴミ箱が必要なことに気づいたのであります。


キッチンのゴミ箱に必要な要素としましては、
・足踏み式はイヤ(前回も述べたように、嫌いなんです。足踏み式)
・可燃ごみ2種類は量が多い、不燃ごみはとっても少ない
・というわけで、できれば4分別
・あんまり縦に高いのはイヤ(ゴミ箱に圧迫されるなんて…)
・あんまりカントリーとかはイヤ
という5項目でしょうか。もちろん「できればカッコイイこと」という条件も頭の中にはあります。さあ、いざゴミ箱の海へ!なんてカンジでネットを泳ぎ始めたのだが、なんですか、あの、ゴミ箱の数。
1ページに20件くらいの検索結果を表示するサイトで、50ページめくっても60ページめくっても、終わらないんですよ。「ゴミ箱の検索結果」ってヤツ。
最初の頃は「ああ、これはいいけど3分別だな」とか「これは機能的にはイイけどイマイチかっこわるいな」とか真剣に見てたんですけどね、もう40ページめくったあたりで朦朧としてますよ。だんだん目に付くゴミ箱の傾向が変わっていることに、自分でも気づいています。そう、ワタシの目は、刺激を求め始めていたのです。
そして、70ページを目前にしたとき。
ある一つのゴミ箱に目を奪われました。
それが『グランドコーナー回転丸32』 そう、いわゆる「公園のゴミ箱」です。
こ、これってアリなんじゃないスか?
70ページもページをめくってもはや退屈しきった脳みそが告げる。
そうだ、業務用ゴミ箱だ!
いきなり方向転換するワタシ。どうせいろんなゴミ箱見てもドングリの背比べだったら、家の中に「普通屋外にあるようなゴミ箱」が置いてあったら面白いじゃないか。

というわけで、探し当てました。エコ分別カラーペール
いかがッスか。オフィスや街にあるようなゴミ箱、これが家にあったら一瞬「アレッ?」と思いませんか?しかもお値段も手ごろ。変な組み合わせ式分別ゴミ箱を買うよりいいじゃないッスか。
回転丸もいいんですが、さすがに65リットルをいくつも並べるわけにはいかないので、今回はあきらめます。
というわけで、キッチンのダストボックス選びは、意外なところに落ち着いたのでありました。

エコ分別カラーペール
■サイズ 約W300×D425×H686
■材質 ポリプロピレン(再生樹脂)
■重量 本体のみ:約1.5kg セット時:約2.1kg
■ふた&シール 11種類から1つ選択