大人の珈琲グミ
なにやらコーヒーづいてますが、今度も怪しさ炸裂のコーヒーグミであります。
コンビニのキャンディ・グミの棚の下~の方に、他のキャンディに埋もれるようにして1箱だけ置いてあったものであります。
「大人の」珈琲グミと、わざわざ商品名に「大人の」とつけてしまうセンス、怪しさを醸し出そうとしているのか、パッケージのあちこちに散見されるなまめかしい曲線、そんな怪しさをだしておりながら商品は「グミ」です。グミ。しかもなめらかミルクゼリー入りです。大人を称するならブラックで勝負してはどうかと思うのだが、「そこはボク、グミだから…[:しょんぼり:]」って感じがしてグッ。


えーと、味はというとですね、以外にウマイッスよ。
外側のグミは「ちょっぴり」ビター、でもグミなので変に苦味が広がりません。しかも中のミルクゼリーが結構甘いので、苦いの苦手な人でも多分大丈夫。
ただ、この「ミルクゼリー」がぷるんぷるんで、グミをグッと噛んで割ったときに「ピュッ」っと飛び出してしまことがあるのですよ。せっかくだからグミと一緒に食べたいのに、ミルクゼリーだけがおクチの中で旅立ってしまう。こっちはゼリーだから、同じように噛んでいるとゼリーだけがとっとと溶けてなくなってしまうのである。「あ、待ってよゼリーさん!一緒に食道に行こうよ!」「うふふ。つかまえてごらんなさ~い!」そんな小劇場が口の中で繰り広げられるとは、正に大人の珈琲グミ。
絶対あの一箱がはけたら再入荷はナシと思われる一品。見かけたら買いです!