黒烏龍茶

烏龍茶なのにトクホですよ、トクホ。
ただでさえ烏龍茶が好きなのに、「脂肪の吸収を抑える」なんてラベルに書かれてしまったら、買わざるを得ないじゃないですか。
まんまと広告戦略に乗っているワタクシですが、それはワタクシだけじゃないらしく、会社付近のコンビニでは、コイツが飲み物の棚2段を占領してました。すげ。ラックが黒いよ。
と、その光景を見たときなにやらデジャヴュ…。


そうだ、ヘルシア緑茶だ。
「体脂肪が気になる方に」のキャッチフレーズで売り出して、相当の苦さにも関わらず売れまくり、会社フロア内の30名ほどいる女性の約3分の1がヘルシアを常飲していたという、脅威の緑茶。
ワタシもチョーシこいて1リットルボトルとか買って、途中でえぐみに負けて捨てたっけ…。
あの頃のヘルシア緑茶は、やっぱ棚を2段占領していた気がします。
ところが今や姿を見ることさえ珍しく、挙句の果てにはグレープフルーツ味になってしまい、もう緑茶じゃなくなっちゃってヘルシアウォーターになってしまいました。(ヘルシア緑茶もまだあるけど。ヘルシア烏龍茶は生産中止らしい)
茶のカテキンが売りなのに、茶ではなくなってしまう、そのココロやいかに。
そんなヘルシア緑茶の二の舞を避けるべく、しょっぱなから「トクホ」を前面に押し出している黒烏龍茶。
とりあえず、飽きるまで飲みつづけようと思います。