【大型タイプ】1週間取り替えいらずネコトイレ

子猫たちは段々慣れてきて、膝の上で休憩することも…!念願の膝ノリ猫ですよ。実家の愛猫がどうしてもやってくれなかったお膝でねんねですよ!!ニャーッ!!(コーフン)
えー、それはさておき。
子猫がやってくるにあたって、ウォータードームと共に不安だったもの、それはトレイであります。
トイレについてはいろいろ探したものの、途中からロボットチックなネコトイレを笑うコーナーに変わってしまったため、「これ」というものがない状態でありました。近未来ネコトイレかなぁ…と思っていたものの、どうもイマイチぴんとこない。
なんていうかですね、我が家のリビングは割と「曲線」というものが少ないものですから、ネコトイレ特有の「湾曲感」がですね、どーしても家になじまない。仕方がないからやっぱり「何か」の中にトイレをしまおうか…。
そんなことを考えつつネットをうろついていると、ふと、見つけたのであります。【大型タイプ】1週間取り替えいらずネコトイレをば!


1週間取り替えいらずネコトイレの噂はかねがね聞いておりましたが、その大型タイプを、ワタクシのニャンコ飼育に合わせて開発してくれたのです!ウソ。たまたま新発売だったのです。しかも、意見を見ていると大抵「砂が丸くて転がりやすいのが欠点」と書かれていたのですが、砂も改良型の「タブレット型」が出る模様。
ブリーダーさんに確認したところ、現在一緒に育っている兄妹猫だし、トイレも1つでいいんじゃないかということだったので、購入してみました。
本体は白い合板で、入り口周辺カバーだけが半透明のプラ。合板は結構重量のある丈夫そうなもので、トイレの内側に当たる部分におしっこ対策と思われるプラっぽい板が貼ってあります。
いざ子猫が来てドキドキしながら猫を砂の上におくと、ふんかふんか匂いをかいで、くしゃみをして出て行ってしまいます。2,3回そんなことを繰り返してたんで、ふと思い出して、ブリーダーさん宅で使っていたというトフカスサンドを上からかけてみると…おお、するではないか!1回してしまえばあとはこちらのもの、段々砂の配合を変えていくだけであります。タブレットは殆ど転がり出さなくて、かなりいい感じです。
1頭が入り口付近、1頭が奥の方とトイレ位置を決めた様子。大型なだけに子猫だと2頭同時に入れちゃいます。二人で砂をガシガシかいてるのは面白いッス。
全部のカバー部分は跳ね上げ可能なので(↑写真は跳ね上げてあるところ)ウンチョス・シッコスの始末のときも身を屈めずに済みます(ただし、80%の確率で猫が覗きに来て、横から中に入りますが)。
天板が平らなので上にトイレ用品を置けますし、色も白なので壁に馴染みやすくていいです。さすがに「インテリア」とまでは言えませんが、プラスチックの屋根よりは安っぽさがないかな。
えーと、いいことばっかり並べてしまったので、欠点をひとつ。組み立てが結構面倒です。女性一人ではツライかも。
作りがしっかりしているのはいいことですが、正直、カラーボックスなんかより組み立ては面倒でした。っていうか、作ってくれたのは女性の友人ですが、彼女は非常にレアな方なので。
女性の方は、ダンナやカレシに「ねえ~ん、作って~」とお願いすることを推奨いたします。
とりあえず、紆余曲折の結果、トイレはそんなことに落ち着いたのでありました!