ワタシは基本的に「手作り感」というものが好きではアリマセン。しかしながら、そこに「職人の技」とか「強いコダワリ」とかが見えてくると、イキナリ「いんじゃないの?」と思い始める節があります。
このEnvironmentシリーズというか、ここの工房(?)は、まさにその典型。使っている木は無塗装のヒマラヤスギらしいし、決してインダストリアルなカッチョイイ空気は漂っていないのだが、ちゃんと骨組みがあって床を貼ってるげなところとか、これをビッグライトで大きくしたらそのまま東南アジアあたりではニンゲンの家として使えるんじゃないかと思われるタタズマイなどが、結構ツボです。


細かいところでは、複雑に入り組んでいるように見えるけど、子猫や障害猫でも大丈夫なように各階に必ずスロープかカイダンがついてるところとか、ほとんどのものがオプションで用意されていて簡易オーダーメイドにできるところとか、そっと最下層にはネコトイレの収納場所があるところとか、もう、これでもかってくらいのラインナップである。
正直、組み合わせを考えるのに疲れてしまいそうなくらいだ。
このサイトの「プレイルーム」のページは、ホントに圧巻。ワタシがニャンコでこんなものを与えられたら「これでオレも一国一城の主か…。もう、やんちゃはできねぇな」なんてニヒルに微笑むところだよ。
まあ、こだわりの家だけあって、お値段も桁違いなんスけどね。
とりあえず、自分だったらどんな組み合わせにするか、そんなドリーミングの世界でもう少し楽しんでみまーす!