最初はデスね、ネコのトイレを画像検索していたときにこのサムネイルが現れまして、こういう食器だと思ってました。
木の食器か~汚れそうだなぁ。しかも、KittyPodって書いてあるけど、子猫には背が高すぎるんじゃないか?
な~んて思っていたワタシは、まだまだ海外デザイナーのことを理解していなかったのです。
なんと、これ、ホントの「KittyPod」だったのです。

KittyPod

つまり、こう。→
うわーい。ニャンコが乗るお皿だったんだ~(ノ´∀`*)
って、んなわきゃねーだろ、普通。このカタチでネコの入れ物かいな。「これは近隣のすべての猫が羨望をする! 」とか言ってるけど、何を根拠にそう思ったのか、この商売人たちは。
で、KittyPodという名前になってますが、大きいニャンコはやっぱはみ出しちゃうんでしょうかね?そこそこ大きい皿に見えますが、インチとセンチの対応がわからないんで(調べろよ、ワタシ)詳細不明。
自分がまだ小さい頃と同じつもりで一生懸命ここに乗ろうとしてがんばる大きなネコを想像して、むふふと笑ってしまったワタシでした。