いやぁ、やっぱりフォゥリナァ~の感覚って、ちょっと違うんでしょうね。

こんなものを作ろうと思ったヒトの感覚がわからないです。キャットコクーン。猫の繭ですね。こちらのサイトの写真を見ると、どんな風にニャンコが使うのかがよくわかります。

 

cocoon

ちょ、ちょっと、スゲーかわいくないッスか?

なんかもう、カマクラの中に入ってる風な正面図もアレだし、側面に空いてる穴から覗いてるカオもうりゃうりゃしたくなるくらいキュートですよ。

 

あちこちの写真を見比べていくと、とにかくダンボールをキレ~にカットしてくっつけてある物だということがわかります。側面の穴の回りも、切りっぱなしじゃなくて、ちゃんと角を取ってアリマス。すげ~。

もう、存在そのものがある意味オブジェです。こんなのが部屋のあちこちにぽいぽいっとおいてあったら、とりあえず初めてきた人は、この家はエイリアンに侵略されていると思うでしょうな。

 

これがダンボールでできていることによって、ニャンコがそのボコボコをも楽しむことができる(主にツメをとぐことによって)というスグレモノ。

ただ、お値段的にはあまりツメをといでもらいたくはないかも…。($290.00)