だんだん面白い猫のトイレがなくなってきたので(完全に趣旨が変わってる)、ネットで外国のネコトイレ事情を探しておりましたら、あっちでは「Cat Litter Cake」というのが流行っているようで、ニャンコウンチョス満載のネコトイレ(のように見えるケーキ)の画像が画面いっぱいに出てきてちょっと気持ち悪かったです。ホンモノの猫のトイレを使って作るみたいですよ。ホント、フォリナーって何を考えてるんでしょうね。

 

というわけでぶらぶらとトイレを探していたら、Kitty A Go-Go Manual Cat Litter Boxをハッケン。

ドーム型の覆いってそういえば日本では見たことないなぁと思いながら、商品紹介のページを見ていると。

ああ、なるほどね~。

名称の意味がわかりました。

 

これ多分、全自動ネコトイレパフォーマープラスとして日本でも売り出してるヤツと同じ仕組みなんですよ。でも、ウンチョスを取り除くためのコームを動かす作業はニンゲンが「Manual」でやるから、「Manual Cat Litter Box」なのです。うおぉ、すげえ、一般的に手動のもので一部に自動がある商品に対して、手動であることを改めて主張するそのセンス。これはもうシックスセンスですよ。

 

それはさておき、別にコームを使わなくても、フツーにトレイが引っ張り出せてウンチョスを片付けたり砂を入れ替えたりした後、引出しを戻せばこんなにかわいいケースになる、というだけで充分勝負できそうな気がしますが、どーでしょう?

日本では扱わないのかしら?

 

※Cat-Litter-Cakeの写真は、心臓の弱い方、極度の潔癖症の方にはお勧めしません。充分にご注意のうえ、リンクをクリックして下さい。

Share on Facebook