ニャンコの食器と犬の食器の違いは、主に深さだと思うのですが、食器を探していると、なんとな~く、コンセプトも違うことが見えてきます。

ニャンコの食器は、どちらかというと楽しげで食器自体を「ニンゲンが」楽しむものが多いようで、その点犬用の食器は割と機能重視型ですよね。あと、汚れ対策かアルミ製が多いカンジ。

その辺の差は、基本的に外で使うか中で使うかの差なのかなぁと思いますが、困ったことに、ワタクシの好みはというと、機能重視型の方なのですね。

ワタシは「ニャンコ本体が何よりサイッコーッ!」ってタイプなので、正直言って、食器には可愛さを求めません。あえて求めるならば、その食器を使って食べているニャンコの姿が可愛ければオッケー。

 

そういうわけで、陶器の食器は軒並みリングアウトです。なんで陶器の食器には、あんなにカワユイ模様つきのものが多いんでしょうか。(そんなこといいながら、マンハッタナーズの食器には一瞬転びかけましたが…)

 

決め手がなくうろちょろしていると、犬用の食器ではありますが、ものすごくシンプルで機能的でカッチョイイものをハッケン。しばらく「ミスターマックスのタックフィーダー」だと思ってみていたら「ミスターマックのスタックフィーダー」だということに気づき、ちょっと恥ずかしかったりした梅雨の夜。

とりあえず、新居の床の色に近い「モカ」がいいかなと思いますが、他の色も写真で見る限りキレイめでいい感じ。ワンポイントとしてオレンジなんかもよさそうだ。

 

問題があるとすれば、ウォーターファウンテンの隣には似合わなそうな雰囲気であることか?

いやはや、トータルコーディネートは難しいなぁ…。