地震大国日本の地震予言受諾県静岡に住んでいる身としては、とりあえず地震がいつきてもよい心構えはしておかなくてはなりません。

防災にあまり関心のない我が家でさえも、外出時に地震が起きた場合の集合場所は息子の幼稚園、という取り決めがございます。ワタシが「背の高い家具がキライ」なのも、正直、対策を行うのが面倒だからという一面もゴザイマス。

 

ただまあ、今はとりあえずニンゲンサマだけで生活してますので、ナニがあっても息子一人をなんとか見てやれば大丈夫なわけですが、ニャンコ兄弟がやってきたその日から、ワタクシはニャンコに対して「守ってやる義務」が生じるわけです。ワタクシ、ガンバ

 

んで、じゃあ、ニャンコには非常時に何が必要なのか?やっぱキャットタワーは持ってけないよね、とか、トイレロボだったら電源はどーするとか、いらんしんぱいばかりで一向に非常セットが思い浮かびません。

というわけで、インターネットでカンニング。猫用の非常持出袋を探してみました。

 

が、意外にこれが少ないです。

というか「ペット用非常持出袋」とヒト括りになっていて、でも中身はどうみても犬用(チューイングガムとかあるところからその辺が知れます)というものが多いのです。「猫用」と思われるものは、結局こちらのペット用非常持出袋(猫用)くらいでした。

非常用ネコ袋の方が、キャリー一体型でいいような気もしますが、動物病院にこれでいくわけにはいかないので、結局通常使いのキャリーとネコ袋を用意しておくことになりそうなので、据え置き可能なキャリーバッグを購入する前提であれば、非常持出袋(猫用)の方が便利そうだと思われます。

中身の面でも、ペット用非常持出袋は避難所で生活する可能性を前提にしてあるようで、トイレ袋や糞尿処理袋、消臭剤なども入っています。気の利いたところでは「首輪とリード」でしょうか。多分完全室内飼いの大半の猫が首輪をしてないと思いますが、非常時にいきなり首輪なんて気が回らないですよね。

 

お値段も手ごろですし、コレを買って、とりあえずの安心としようかと思います。

ただ、時間が経てば経つほど、こういうのって奥の奥にしまわれてしまって、実際の「いざ」ってときに手が届かなかったりするんですけどね…。

 

Share on Facebook