昨日は思わずサッカーボール型ペットハウスにコーフンしてしまいましたが、ちょっと落ち着きました。フーッ。

 

気を取り直してネットをふらふらしていて、「これも一つの選択肢だなぁ」と思ったのが、トイレハウス。要するに、トイレを入れる空間そのものをベランダやお庭に出してしまおうというヤツです。

ニャンコは猫ドアをくぐってトイレハウスに入っていき、そこで用を足して帰ってくるわけです。ハウスは外にあるからニオイは室内には殆ど逆流しないということですね。

 

トイレの掃除が面倒になること(必ずいったん外に出なくちゃならないわけですからネ。)と、その「ワタシがトイレ掃除のためにベランダに出るとき」に一緒にニャンコが出たがるのではないかということ(下手すると息子も一緒に出たがり、収拾つかなくなります)、トイレ中のニャンコのふんばり姿が見られなくなること(それを見たがるのはワタシだけだが)が気がかりだけど、方向としてアリかなしかと言われたらアリのような気がする。

しかも、ハウスが2階建てになってサンルーム付のヤツなんかもあり、マンション猫が外に触れる場を作ってやれるのもちょっと魅力的。

 

ただ、惜しむらくはトイレハウスそのものが、ちょっと手作りっぽい感じがするところだ。ベランダとはいえ、窓から見えるところにこの手作り感は、ワタシとしてはちとイタイ。

な~んか、これを、もちょっとこう、コネコネしてカッチョヨクなるといいんだけどな~、と、ないものねだりのワタシなのであった。