先日、寝ようと思ったら外から『ゴロゴロゴロゴロ』なのか『ゴー』なのか、とにかくなんだか変な音が聞こえたんで、何かと思って外に出てみたら、ニャンコが集合玄関の脇に置いてあった蕎麦屋のトックリを転がして遊んでました。

トックリは多少不規則な転がり方をするから面白いのかしら?と思いつつ3階から眺めていたら、気配に気づかれて逃げられました。(その後また戻ってきて遊んで、トックリを落としたらしい。翌日、割れたトックリが玄関脇に集められていました。)

 

そんなことを思い出したファンタジーローラー。写真がゆがんでいるのではなく、本当にいびつな形をしているらしいです。それによって、転がりが不規則になって、より一層、ニャンコの目が輝くという仕組みであります。

 

しかも、説明文で

中を見るとネズミのおもちゃが入ってるから普通の爪とぎに比べてホントに楽しいんです。運動不足解消にも役立つはず!

と思わずコーフンしています。なんというか、訴えかけるような「この楽しさをどう伝えていいか判らない」といわんばかりの『ホントに楽しいんです』のヒトコトに、楽しさを伝えられないもどかしさを感じて、いっしょにもどかしくなってしまうワタシ。

こういう、お店の人の筆が滑って書いてしまったみたいな訴えかけって、心に響きますよね。

きっと、本当に楽しいんだろうな(ニャンコがじゃれるのを見ている人間が)。

しかも、麻糸が巻いてあるので、じゃれてる間に自然にツメトギができるようで、「楽しさに機能がつまってる」が大好きなワタクシのココロをくすぐります。1個1800円とちょっとじゃらしモノにしては高額ですが、ツメトギ兼用と考えればいいんじゃないでしょうか?