ワタクシ、四角い物が好きであります。

できれば家の中のものはこう、すべてフラットな感じでシャキッと自立してもらいたいと思っていたりします。家具に「ぬくもり」とか「自然の優しさ」なんてものをあまり求めないタイプなのです。丸みをつけるなら中途半端な丸みではなく、もう、真円を目指すくらいの心意気でお願いしたいと思っています。

そんなワタクシですが、どーしたわけか、和モノは結構好きなのです。自然と生き、自然を取り入れた和モノは、分類的に言えばキライな方に入るのですが、なぜか和の家具などには惹かれます。日本人の血が騒ぐんでしょうかね。ざわざわと。

 

そんなワタクシのアンビバレンツを、あるヒトツのネコハウスが見抜いて形にしてくれました。

ペットハウスHACOというペットの寝床であります。

なんとなく、お茶の道具なんかが入っていそうな木目の箱でありながら、立方体でモダン風の雰囲気。ちょっとステキじゃないッスか。

 

ただ、これと並べてしまうと、一瞬、ネコがトイレに入ってるのか寝てるのかわからなくて、ふんばってるところを寝ようとしてると勘違いしてちょっかいだして、怒られたりしそうだなぁ。それはそれでなんか楽しそうかも、と、ネコに怒られる自分を夢想してニヤニヤする、危険なワタシであった。