ロボット系のグッズが続きますが、今回のものは実はおもちゃじゃないです。何かっつーと、掃除機なのです。シャキーン!(効果音)

 

自動掃除機といえば、今まではiRobot ルンバみたいな、お値段も良くてなんだか無口そうなキカイがの~んと動いているイメージだったのですが、このロボモップはなんかちょっと軽薄そうじゃないですか。

見かけが軽薄そうなので小さく見えるけど、大きさはそれなりです。写真から察するに、LPレコードくらいあるでしょう。LPレコードって。知らない若い子も多いよね。てへ。

 

ネコはこんなのがうにうに動いていたらどーするんだろうか。子猫の頃から「おかーちゃんが出かけると円盤が動く」というのに慣れてれば、ヘーキで見守るようになるのかな?

大きなネコが初めてこれに出会ったら、とりあえず上からニクキュウでムニッと押さえてみるはずだ。相当ひどくじゃれ付かなければひっくり返りそうにはない形状だから、大丈夫だとは思うけど。

 

まあ、正確には自動掃除機というよりも自動モップなんで、ほっとくと隅っちょのほうに取りきれなかった砂埃みたいなものはたまってそうですが。

それでも、なんにもしないより隅っちょにいてくれた方がゴミ集めも楽だし、ネコの毛みたいな軽いヤツは多分、結構な確率でシートが吸着してくれるんじゃないだろうか。クイックルワイパー愛用者のワタシとしてはそう思う。
なにより、お値段がいいじゃないッスか。

iRobotルンバ様の10分の1ッスよ。

ていうか、今現在からマジでほしいッス。

絶対息子がケロロ軍曹の人形を立てると思いますが。それはそれで、ケロロ軍曹を乗せつつ勝手に部屋をうろちょろして掃除してくれる謎の円盤物体として、家族に温かく迎え入れられると期待しています。