ネコトイレ専用というわけではないんですが、なんというか、生ゴミ処理機です。

 他の生ゴミ処理機が、奥様の興味をそそるように家電チックになり、更にインテリアチックな方向を目指している中、このロボット感は素晴らしいです。どこからどう見ても「オイラ、機械」としかしゃべりません。ス・テ・キ。

 機能的にもちゃんと生ゴミ処理機なんですが、「ペットの糞の処理が得意なんです」と思わずカミングアウトしているように、家電方向の生ゴミ処理機とはちょっと違うようです。

 ワタシも生ゴミ処理機方面はあまり詳しくないのですが、説明を読む限り「アイツラはバイオ式、オイラは炭化式」というのが最大の特徴と思われます。要するにゴミをカラッとした炭状の乾燥ゴミにしてしまうとのこと。簡易炭焼き器としても使えてしまう、というところから、なんとなく彼の性能を想像できそうな気がします。

 ネコトイレの使用済みのトイレの砂をコイツで処理すると、サラッと乾燥、しかも殺菌済み状態になる模様。ゼオライト系のネコ砂だと、脱臭力が増すそうで、ニオイ対策になりそうだ。しかし、ウンチョスそのものを炭化させている間はネコ砂の再生作業はできないわけで、これは作業時間がどのくらいかかるのかがカギになりそうな気がしますな。

 とりあえず、スゴイロボットだなとは思うのだが、このページ、ちょっと気になる点がある。

 曰く

炭化式生ごみ処理機はバイオ式ができない利用方法があります。
   1)花や果物の炭化オブジェ、竹炭もできます。
   2)赤ちゃんの紙オムツ、ペットの排泄物処理、トイレ砂の殺菌処理もできます
   3)病院の汚物、ガーゼや脱脂綿、実験用小動物処理
   4)ビニール、発泡スチロール、プラスチック等は減容処理ができます。
     まだ、その他の利用方法を考えてください

 か、考えてくださいって、お客に投げたよ。

 それはともかく、3番目って…。

 調べてみたところ、引越し先の市では、生ゴミ処理機助成金は電気式の場合20,000円とのこと。ネコウンチョス処理機としてはずいぶん高いですが、家庭内のゴミを減らすことはヤブサカデハアリマセヌ。ここは慎重に検討したいと思う次第であります。