キャットタワーにもいろいろな分類があって、箱型というもが存在するのだということを初めて知りました。

というか、箱型といえば、ネコベッド兼用の小さなもので、ダンボールでできているものくらいしか知らなかったのです。

ワタシはビンボーなくせに「手作り感」が嫌いでして、ダンボールでできたものなど、子どもの巨大な落書きボードくらいにしか考えておりませんでした。ぺっぺ。

 

そんなわけで箱型キャットタワーには目をくれなかったのですが、これはちょっとイイイじゃないかと思ったのが、キャットビルディング

あちこちに穴のあいた4つの異なる大きさの箱を、好きなように積み上げるのです。

色合いもナチュラル&オレンジがイイカンジ。

使わないときは一番大きな濃茶の箱に全部入れられますよ!…って、こういうのを見ると思うのだけど、こういう品を「使わないときはしまう」ヒトってそんなにいるのでしょうか?フツー、出したら出しっぱなしでは?それはズボラなワタシだけ?

 

ただヒトツ心配があるとすれば、

活動的なネコちゃんが多数で使用する場合や、万が一の災害時には転倒の恐れがございますのでご注意ください。

の部分でしょーか。箱を重ねて溝にはめるだけだそうなので、組み合わせを変えられる=崩れやすい、ということなのかな。耐荷重10kgだそうなので、本体がそれほど重いわけではないでしょうけれど、さすがに「昼間はネコだけで遊んでもらう」ことを前提のところに積み上げておくのは心パイン汗です。

 

というわけで、大きいキャットタワーは別に用意して、こちらは2段×2つくらいの高さのインテリア?兼遊び場として置いとくのがいいかもしれない。うっかり天板にコーヒーなんか置いといたら、ネコがコーヒーまみれになりそうですけどね!