おまる型どころで驚いていてはいけませぬ。世の中には、ネコ砂からネコウンチョを取り出す作業を、地獄のように面倒な作業だと思っている人がいるのです。きっとそんな人が作ったに間違いない、その名もLitter-Robot

Litterって、くずとかゴミとか、ネコのトイレの砂のことらしいです。litter panでネコのトイレ砂の箱=ネコトイレのことになるらしいので、このpanの部分がRobotだからLitter-Robotなのだと推測できますな。

箱がロボットってどういうことなのか?

 

とにかくリンク先のFlashを見ていただきたいのだが、単純に言うと、ネコがウンチョスして外に出て数秒すると、うい~んと砂入りの部分が回転していき、その先にはすのこっぽいヤツ待ち構えている。砂はすのこを通過するがウンチョスは通過できず、そのまま回転されて下の箱にペッ!ばっちいヤツメ!と落とされる。その後、反対方向に回転して砂がすのこの向こうから帰ってきて、元通りになるのだ。そしてペッと落とされたウンチョスズ(たぶん溜めとくだろうから複数形)は、引出しを引っ張り出して、ポイとゴミとして捨てられるわけなのである。

うおー。なんという大掛かりで無駄なギミック!

こんなことを考えて商品を開発する労力と、フツーのネコトイレからネコウンチョを拾い続ける労力を比べたとき、多分、大人しく拾っていた方がきっと楽なんだろうと思うのです。それなのに、こんなトイレロボットを作ってしまう、その心意気にワタクシ、感動いたしました。チミ、いいよ、その無駄なベクトル!

ただ、ロボに入っているネコが、あの入り口からちょこりんと顔を出してウンチョス踏ん張ってるのを想像すると、結構悶えます。

動かなくてもいいからあの形のトイレがほしいと思うワタクシなのであります。

 

Share on Facebook