結ばなくてイイ靴紐、Xtenexの靴紐を買いました!

先日、今流行のReebokのEasy TONEの仲間を買ったんですが、これについてきた靴紐がまぁほどけるほどける。
こんなほどけやすい紐じゃ、張り切って歩いた時危ないんじゃないかというくらいほどける。

というわけで付け替え用の靴紐を買おうと思って、ふと、以前「結ばなくてイイ靴紐」っていうのをどこかで聞いたなと思って探してみたら売っていたので、早速ポチってみました。

こんな感じで届きました。このボコボコが、靴につけた時にどうなるのか少し不安ではあります。(。-`ω-)

箱から出すとこんな感じ。普通の靴紐に比べると、結構短い。これは結ばなくていいからなんだけど、靴の形によっては足りなくなるかも。そして、ゴムとはいえふにゃふにゃじゃなくて、箱から出しても箱の形がついてるくらいの硬さではあります。

ボコボコ部分は、力を入れて引っ張ると、こんな感じにスリムになるので、靴の紐を通す穴に通すときにはギューッと引っ張りながら通すことになります。
正直、この「引っ張りながら穴に通す」作業が結構大変。何しろ最初の頃はまだ紐が長いので、何度も持つ位置を変えてギューギュー引っ張りながらバババと通す。引っ張り過ぎたら引っ張りながら戻す……そんな作業で筋肉痛になる人はあまり多くないとは思いますが、まあ、存在します。←

そんなこんなでヒーヒー言いながらギューギュー引っ張って靴紐を無事通した姿がこんな感じ。

左がもともとついていたヒモ、右がXtenexのヒモ。
選んだ色が色なのでうるさい感じはしますけど、心配したほどボコボコが変な感じではないかな(もう見慣れちゃったせいかもしれないけど)

ただ、これ、少しきつかったんですよね。たぶん、最後は一番最後の凸の部分だけちょろっと出てるくらいでちょうどいいと思います。
当然これを調整するためには、ギューッと引っ張ってボコボコ部分を伸ばしながら穴の向こうから引っ張って……ということを繰り返さなくちゃいけないわけで、これはかなり重労働でした。ゆえに、これは靴を履いたまま紐を通す作業をすることをオススメします。

ただ、ヒモをこれに変えてからすごく楽!
ゴムだから履くときにもベロ部分を引っ張れば楽に履けるし、履いてしまえば程よい締め付け。当然ながらほどけることもないし、結ぶ必要もない。
いままで足が悪くて履くときに苦労するため紐靴を敬遠していた息子にも、このヒモがあれば大丈夫そう!

ということで、最初に苦労するけど後はとても楽になる靴紐です!
なんか、だんだん品切れの店が増えてきた気がするので、ちょびっと買い占めておこうと思います!