すべての(ズイコーデジタル)フォーサーズレンズに使用できるテレコンバーターEC-14を買いました!

実は、E-3を購入する時に既にちょっぴり検討していたEC-14
要するに、レンズと本体の間に虫眼鏡をかませて中央部を拡大表示するという感じのものらしいっす。当然光学的にとはいえ無理やり拡大するので画質の劣化が問題になるようですが、EC-20のほうでは多少劣化&光量低下がキツイけど、こっちは全然問題ない!という口コミが多かったです。

今このタイミングで買ったのは、最近動物園で「あとちょっとアップにしたい!」とか「あとちょっと切り取りたい」とか、そういう場面がしばしばあったからでして、なんとなくEC-20のほうがオトクじゃないか(金額は同じぐらい)という気持ちもあったものの、動物園ではそこまで必要ないと考えてこちらに決定。

取り付けは簡単。普通に本体にコンバーターを付けて、その上からレンズを付けるだけ。

じゃん。愛するLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPHに取り付けた図。
35mm換算すると画角は25mm*2*1.4=70mmの中望遠?ですね。

左が未装着状態(すみません、曲ってますww)で、右が装着した状態です。まあまあ、こんな感じ。

では、本命の50-200に取り付けてみましょう。ジャーン!!!

な、長っ!!Σ(´д`lll)

分かっちゃいたものの、長いです。重いです。
私が持っている100円ショップで1000円で買ってきたチャチな三脚では、危なくて手が離せないぐらい重いっす(;´∀`)

これで最望遠にすると、画角は200mm*2*1.4=560mm。元がF2.8-3.5で最望遠では一段暗くなって、どうやら4.9。

寒くてヘタレて家の中から撮りましたんでキチャナイ画像ですが、拡大した感じはお分かりでしょうか。

これなら動物園で「あとちょっとアップにしたい!」の時に十分役立ってくれるんじゃないかなぁと思っています。
ただその前に、この重さに耐えられるだけの腕の力を私がつけることが先決な訳ですがね……(。-`ω-)

 

Share on Facebook