Archive : 猫-脱走防止対策

ロープ&ゴー

負担の少ないハーネス「ロープ&ゴー」を使っております。

 

(さらに…)

マドモアセーフ

マドモアセーフ

なんでこう、網戸系商品には、ネーミングセンスが溢れまくるんでしょうね?(コレとか) なんか、アレでしょうか。薬品の世界と一緒で、名前に効用がハッキリ表れていると売れ行きが違うとか、そういう世界なんでしょうかね、網戸業界って。
それはともかく、マドモアセーフですよ。
「窓」が「もっと(モア)」「安全(セーフ)」だからマドモアセーフ。あっ!なんか、マドモアゼルに似ててオモシローイ!(棒読み)
や、まあ、名前を笑うのはこのくらいにして、アレですよ、意外にスグレモノですよ、これ。

(さらに…)

MA-1タイプスーパー胴輪&リード

MA-1タイプスーパー胴輪&リード

ハーネスを買いました。
ベランダの脱走防止対策が遅々として進まないのです。多分、ワタシの希望をかなえる最善策は、ベランダに防鳥ネットを張ることなんですが、マンションの規定で基本的には防鳥ネットはNGなんですよ(ベランダは「共用部分」になるので、ネットのためにフックつけたりとか勝手にしちゃいけないんです)。
でも、夏になって窓を開けることが増えまして、2ニャンが網戸に張り付いて外を見ているので、せめてベランダだけでも出してあげられれば…と思いまして。故に、ハーネスつけてベランダ外出大作戦を思い立ったわけです。
んで、以前見つけていたコレを買おうとしたんですが、なんとモデルチェンジのため(?)完全品切れ状態。新しいモデルはフリフルついてたりチェックだったり、完全にワタシの趣味から外れております。
悩んだ末に、同じメーカーが「犬用」として出している胴輪&リードをチョイスしました。MA-1タイプで、ちょっとハードなのがアビシニアンにも似合うかと思って。

(さらに…)

つっぱりラティス

つっぱりラティス

さて、実際に入居の日が4ヵ月後に迫ってまいりました。今まではノンキにオモロイグッズをアレコレ見て回っていたのですが、本気で新居のレイアウトを考え始めると、いろんな物が帯に短し襷に流し…いやいや、流しちゃいかん。
特に困っているのがキャットタワー周りです。
ワタシの中での最高峰はすでにコレに決定しているのですが、これが日本に発送してくれるかどうかが問題です。
もしコレがダメであれば、次にワタクシがいいな~と思っているのはコチラのキャットステップなんですよね。なんだかんだいって、一番邪魔にならなそうな気がするので。
ただ、壁に取り付けるんだよね~。
というか、壁に取り付けるのがいいところなのですが、新築ピッカピカのマンションに、いきなり穴開けるッスか…っていうのがあるのですよ。
しかも、一度つけてしまうと「ちょっとアノ板の位置を変えたいなぁ」なんてとき、思いっきり壁に開いた穴が露出してしまうではありませんか。
「キャットステップ系の板を、なんとか組換え自由で壁に穴が開かない物に取り付けられないものか!?」と悩みまして、考えましたのが「窓辺に格子状の建具を取り付けて、その建具をはさむようにしてキャットステップを固定すればよいのでは?」ということだったのであります。

(さらに…)

ココマ

ワタシ、これをやりたかったのにぃ!…というものをハッケン。
室内のような屋外のような、リビングの外なんだけどまだ中ですよというような。
リビングの掃き出し窓からの脱走を防ぐ方法をいろいろ考えていたんですが、網戸を強化しても締め忘れやすり抜けは防げないですし、二重化といってもサッシにくっつけるタイプの物が殆ど(脱走防止じゃなく防犯が目的だから)なので、結局両方いっぺんに開く=すり抜けは防げないということで、あまり脱走防止の決定版ではないなぁと思っていたのです。
そして行き着いた結論が「窓の外に脱走を引き止める空間を作る」ことだったんですが、これだったのですよ!!
その名もガーデンラウンジcocoma

(さらに…)

エコ雨戸

ニャンコの脱走防止対策・ベランダ編は、つきつめるとどーしてもリフォームの方向にベクトルが向きがちです。
条件としては
1.昼間、ニャンコが外を眺められること
2.夏場人間不在時に窓を開けておいてもニャンコが逃げないこと
2.-1 ニャンコに網戸を破られないこと
2.-2 ニャンコが網戸を破ったとしても出られない障害物があること
2.-3 ニャンコが網戸を破らず網戸を「外した」としても障害物があること またはニャンコが網戸を外せないよう前方に障害物があること
2.-4 なおかつ人間が出入りしたいときには簡単に出入りできること
となるわけで、この「2.-3,4」の条件を考えると、どうしても「網戸以外の障害物」としての「雨戸」にいきつき、ハッと気づくとリフォーム畑に踏み込んでいるのです。
で、あれこれ雨戸を探してみまして、エコ雨戸というステキな雨戸をハッケンいたしました。

(さらに…)

網戸用格子アミーゴII

ニャンコのベランダからの逃走対策としてペットディフェンスももちろんよいのですが、なにしろ我が家は日中部屋に人がおりません。1日の大半を元気な2匹の兄弟ニャンコで過ごしてもらうにつき、いくら丈夫とはいえ網だけで本当に大丈夫なんだろうか、と問い掛ける日が続いておりました。
そんなワタクシの前に、現れました「網戸用格子アミーゴII」ぅぅぅ。
おおお、コレコレ。要するに世のニャンコ使いの方々が100円ショップの網なんかで自作している格子網戸の商品形!商品のネーミングセンスはおいといて、コレですよ!

(さらに…)

ペット ディフェンス

相変わらずニャンコの防犯防止対策グッズを捜索中であります。
ニャンコの逃走経路その1「玄関」については、玄関に至る道を二重ドア化するのが最良であると結論は出ております。その上で、アレコレグッズを探していけばよいわけですね。
逃走経路その2「ベランダ等外につながる網戸」からの脱走は、もっと厄介なようです。というのも「網戸を破って外に出る」「網戸を開けて外に出る」「網戸ごと外して外に出る」の3種類の危険性があるからなのですね。
あーでもないこーでもないといろいろ考えたのですが、とりあえず順を追って対策を考えていくことに。というわけで、今回は「網戸を破って外に出る対策」としてハッケンしたペットディフェンスであります。

(さらに…)

連結パネルドアパーティション

連結パネルドアパーティション

我が家にニャンコがやってくるまでまだあと1年近くもあるんですが、完全室内飼いの経験がないワタクシにとって、ちょっと悩みの種になっているのが脱走防止対策です。
なにせ、ニャンコは「一度外の味を覚えると外に出たがる」と聞いております。ニャンコと知恵比べ・体力比べになったとき、勝てる自信はあんまりありませぬ。しかも我が家は、ワタシ以外の人間(息子&旦那)があんまり気を使ってくれなさそうなので、物理的に対策をとる必要があるのですよね。ニャンコ室内飼いの先輩であるお友達(略してニャンコ先輩)に聞いてみたところ、脱走経路は玄関のすり抜け及び、ベランダの網戸とのこと。
というわけで、ネットでいろいろ探してみましたが「コレッ!」という脱走防止対策は確立されていない模様です。対応策として多く挙げられているのは、100円ショップなんかで売っているキッチンツールなどを吊るす網を、網戸や玄関の前あたりに置いたり突っ張り棒にくくりつけたりするというもの。
ううむ。ワタクシの好きではない“手作り感”もあふれちゃうし、ワタクシ以外の人間が「ニャンコのためだけにこんなものが置かれちゃった」状況に耐えられそうにない気がする。
ただし、玄関対策として最も有効なのは、明らかに「玄関を2重扉にする」ことであることはハッキリしているので、そんなテーマで探してみて手軽そうだったのが連結パネルドアパーティションであります。

(さらに…)

猫用スーパー胴輪&リード

キャリーでもケージでもありませんが、ワタシの頭の中ではそいつらと一体になっている「猫のリード」です。

 

ワタクシ、今までのニャンコ経験的には「田舎の外飼い」状態でしたので、首輪は必須でした。

ただし、それは迷子札代わりであったり、どこにいるか鈴で聞き分けるためであったりして、別にニャンコを拘束する目的ではないわけです。よって、完全室内飼いであれば、首輪的なものは必要ないと思って探しておりませんでした。

 

しかーし。防災グッズを探していたとき、その中に「首輪」が入っていたことで、気づいたのです。

(さらに…)

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD